一度決めたお店で働き続ける必要がある、そんな風に思っていませんか?
もちろん、そうした働き方もあります。
でも、今では特定のキャバクラ店に属さなくてもキャバクラ嬢として働くことができるようになってきているのです。

『派遣キャバクラ』とは

その代表的な働き方が、「派遣」と呼ばれる雇用形態です。
これはどこか特定のキャバクラ店に属するのではなく、いろいろなお店で働くことができる雇用形態です。
事務職などでもこのような働き方がありますが、それよりももっと自由度が高いのが、キャバクラのこのシステムの特徴です。

1つのキャバクラで働き続けるか否か

在籍と派遣の違いですが、前者を選択すると、辞めるまでは基本的に1つのキャバクラで働き続けることになります。

後者は、その都度別々のお店で働くことが可能です。
これが大きな違い。言ってみれば、キャバクラ嬢が不足しているお店にヘルプで入るような感覚でしょうか。
単発やスポット勤務とも言えるかもしれません。

稼げる金額

お給料の違いもあります。
1つのお店に絞った働き方の方が、若干時給が高いと言われています。
お店ごとに給料体系や時給が違うので絶対とは言えないものの、同じお店で比較した時には、専属のキャバクラ嬢の方が高いお給料を受け取ることができるでしょう。

稼げる額は多いけれども、お店によっては支払いが週払いや月払いになっていることもあります。
でも、単発で働く場合にはその日しか働かない可能性もあるわけですから、日払いで全額支給してもらうことが可能です。

『派遣キャバクラ』のメリットとデメリット

1つのお店に在籍していると事前にシフトを提出する必要もあり、プライベートを充実させるのが難しくなることもありますが、派遣の場合には働きたい時に働くことができるので、自由度が高いというメリットがあります。

他に仕事をしている女性にとって、このメリットはより魅力的に感じるでしょう。
「今月お金が足りないな〜」と思った時だけ働くことができますから、お店やキャバクラのお仕事に縛られ過ぎることもありません。

単発で働くということは、ノルマや売上などを気にする必要もないということ。
1つのお店で働き続けた女性が、こうしたことや人間関係に疲れて単発で働くことを選択するケースも増えてきているようです。

その代わり、どんなに売り上げてもお給料がほとんど増えないというデメリットも派遣にはあることを知っておきましょう。

派遣と在籍の違いはこんなところです。
人によってどちらがいいかは異なります。
京都のキャバクラでは専属はもちろん、単発で入れるところも何店舗かあるようです。
ヘルプのような形で働いて京都のキャバクラをいくつか体験し、それから本入店先を決定するというのもいいかもしれません。